• IT

医院・クリニックでSNSを活用するには(各SNSの特徴編)

神戸市で医療機関向けホームページ制作ブランド「スマートドクター」では、兵庫県や大阪、京都といった近畿地方に限定せず、日本全国の医療機関様にホームページを中心とした、「新患増患」増のサポートのお手伝いをしております。また、IT関連に興味をお持ちの先生方へ情報発信を行っております。
今回は、医院・クリニックでのSNSの基礎知識・特徴についてお伝えします。

各SNSの特徴

「LINE」

スマートフォンを持っている人は必ずといって良いほど利用されているアプリ「LINE」。圧倒的にユーザー数が多く、幅広い年齢層の方が利用しています。
友達登録をしてもらわなければ効果が出ない代わりに登録した方への配信手段は非常に豊富で開封率が高いのも特徴です。

特徴

・幅広い年代の方が利用している
・メッセージの開封率が高い
・特典・キャンペーンの配信に向いている
・友達登録をしてもらう対策が必要になる

ユーザー層

・男女、年代問わず、幅広い利用者層

「Facebook」

Facebookは原則実名で登録していますので、他のSNSと比べてフォーマルな印象が強いSNSです。また、匿名でのいたずら行為等が少ないです。

特徴

・ビジネスでの利用が多い
・実名制なので炎上しにくい
・投稿した内容が検索エンジンの対象になるため、SEO対策のひとつになる
・テキスト、画像、動画など幅広く配信が可能

ユーザー層

・10代の利用が少なく、40代が中心で男性の利用者がやや多い

「Twitter」

若年層での利用が多く、投稿が時系列順に表示されるため、リアルタイム性が高いSNSです。匿名での利用が多いため、拡散性は非常に高い反面、炎上する可能性もあります。

特徴

・投稿が時系列で並ぶ
・拡散性が高い反面、炎上しやすい危険性がある
・テキスト、画像、動画が配信できるが、制限がある
・気軽な内容を投稿する傾向がつよい

ユーザー層

・20代の利用が最も多く、年代が上がるほど男性の比率が上昇

「Instagram」

Instagramは、写真の投稿を中心にしたSNSです。女性ユーザーが多く、「インスタ映え」という単語も生まれる程人気のSNSです。

特徴

・写真、動画に特化したSNS
・女性ユーザーの利用が非常に多い
・拡散機能が付いていないため、ハッシュタグ(「#○○○○」)というキーワードを入れて投稿している

ユーザー層

・20代~40代の女性が中心、30代以下の男女比率では女性が60%を超えている

各SNSによって、利用者の年齢層・男女比率などが違うので目的に合ったSNSを選ぶ必要があります。
SNSを始めるだけで集患・増患に繋がるわけではなく、「どういった目的で」「何を」配信するかが重要となります。

SNSはユーザーとコミュニケーションをとれるツールになります。
コメントや反応が返ってくるのがあたりまえです。SNSを通して質問やクレームが届く事もあります。
そういった反応があった場合にどのような対応をするかを決めておくことが非常に重要になります。