• IT

Google検索結果で表示される説明文の新たな仕様をGoogleが発表しました。

Googleイメージ画像

神戸市で医療機関向けホームページ制作ブランド「スマートドクター」では、兵庫県や大阪、京都といった近畿地方に限定せず、日本全国の医療機関様にホームページを中心とした、「新患増患」増のサポートのお手伝いをしております。また、IT関連に興味をお持ちの先生方へ情報発信を行っております。
今回はGoogleでの検索結果の表示についてお伝えします。

検索結果の説明文とは?

Google検索の結果画面では、ウェブサイトのURLやサイト名が並んでいるでけではなく、ウェブサイトを説明するテキスト文が表示されおり、検索者が適切なサイト見つけるための判断材料にしています。そんなGoogle検索結果に表示されるコンテンツの内容についての新たな仕様が発表されました。
https://webmasters.googleblog.com/2019/09/more-controls-on-search.html(Google公式ブログより)

以下の画像の赤枠で囲われた部分が、検索結果の説明文です。実際にウェブサイトを開かなくても、どのような内容が載っているのかなのかがわかりやすくなっています。以前から、説明文の内容を指定したり(ディスクリプションの設定)、表示する・表示しないという選択は出来ていましたが、今回の仕様追加によってさらに広い範囲の説明文の管理が可能となりました。

 

検索結果の説明文には様々な種類があります

◆01:「説明文を表示するか・しないか」【nosnippet】
nosnippet」は、指定したサイトの説明文を表示しないことを指定する、以前から利用可能なオプションです。

◆02:「説明文の文字数を指定する」【max-snippet:[number]】
max-snippet:[number]」は説明文として表示するテキストの文字数を指定するオプションで、今回の仕様追加で新たに使用可能となる予定です。

◆03:「説明文に表示する画像を指定する」【max-image-preview:[setting]】
説明文に表示されるのはテキストだけとは限らず、画像が表示される場合が多くあります。
新たに使用可能となる「max-image-preview:[setting]」を使うと、[setting]の代わりに「none(なし)」「standard(標準)」「large(大きい)」を使用して、
検索結果画面に表示される画像の最大サイズを指定できます。

◆04:「動画のプレビュー時間を指定する」【max-video-preview:[number]】
max-video-preview:[number]」は検索結果に表示されたムービーのプレビューについて、最長再生時間を設定するオプションです。Googleの検索結果にはウェブサイト内のムービーが表示されることもあり、ユーザーは検索結果画面で6秒ほどのプレビューを見ることができます。このプレビュー時間を、管理できるようになります。

※「強調スニペットについて」(こちらで指定できないもの)
なお、検索結果の中でも特に検索者が探し求めている情報に近いと判断されて表示される「強調スニペット」に関しては、Googleが自動で判断・処理し表示しているのでこちらで変更することはできません。
下記の図が「強調スニペット」です。

 

これらの設定は2019年10月中旬から下旬ごろから設定可能になるようです。
説明文の内容を細かく設定できるようになるので、検索してきた人に対して有効的な説明文にし、サイトに訪れやすくしましょう。