• IT

医療広告ガイドラインについて再度ご確認下さい

神戸市で医療機関向けホームページ制作ブランド「スマートドクター」では、兵庫県や大阪、京都といった近畿地方に限定せず、日本全国の医療機関様にホームページを中心とした、「新患増患」増のサポートのお手伝いをしております。また、IT関連に興味をお持ちの先生方へ情報発信を行っております。
今回は医療広告ガイドラインについてお伝えします。

医療広告ガイドラインについて

2018年6月1日より、新しい医療広告ガイドラインに変更となります。
最大の焦点は、これまで広告の扱いを受けなかった「ホームページ」について、広告の扱いになるということになったことでしょう。
これにより、医療機関のホームページが「広告」として扱われることになり、一部表現や内容に規制が適用されるようになりました。

禁止されている事項について

ガイドライン上で禁止されている内容を簡単にまとめてお伝えします。
詳細は弊社ページ医療広告ガイドラインをご確認下さい。

体験談・患者様の声等の掲載禁止

患者様の体験談・声の掲載はNGです。

最高級表現

「最高」「日本一」「No.1」といったワードはNGです。また、「~~~の治療では日本有数の実績を持つ病院です」というような表現もNGとされています。

比較優良表現

他の病院等と比べて優れているというような表現はNGです。「当院での施術は他の施術と違い~~~」等

虚偽の広告

嘘の情報を事実であるかのように掲載することは、当たり前ですがNGです。また、「絶対に安全」や「必ず成功する」といった表現も医療に絶対はあり得ませんので虚偽にあたります。

品位を損ねる内容

「今なら○○円キャンペーン!!」等の費用を強調する内容はNGです。また、ふざけた様なものやドタバタ的な表現もNGとなっています。

 

医療広告ガイドラインの規制について、現在既存のホームページをお持ちの医院様・クリニック様もガイドラインに反する広告表現はないかを、一度ご確認をお願いいたします。
もし、「うちのホームページはガイドラインに反していないだろうか」と不安な医院・クリニック様がいましたら、弊社までお気軽にご相談下さいませ。

詳細な内容はこちらから「医療広告ガイドライン