• IT

Googleが44言語対応の自動翻訳アプリを提供

米Googleが12月12日、スマートフォンで会話を他の言語に翻訳できる機能を同日追加すると発表しました。
人工知能技術を使って44言語に対応しており、無料で使えます。

実際に使うには、「OK、Google、英語の通訳をして」等と話しかけます。Pixelシリーズの場合では、「Google翻訳」アプリが起動してそこで通訳しますが、それ以外のスマートフォンでは、Googleアシスタントの画面が通訳モードに変わり、端末で設定してある言語と頼んだ言語間の通訳が始まります。
画面下の「自動」をタップすると、英語とドイツ語の通訳の場合では、音声がどちらの言語かをGoogleアシスタントが判断し、翻訳結果を表示します。場合によっては「スマートリプライ」の機能で返事の候補が表示され、それをタップするだけで返事をすることができます。

この新機能は、グーグルアシスタントに対応したアンドロイド端末だけでなく、アップルのiPhoneでも、「Googleアシスタント」アプリを導入すれば利用できます。