• IT

Google がイーサリアムのブロックチェーンデータのビッグデータの解析を開始

イーサリアムのイメージ画像

米Googleは8月30日(現地時間)、エンタープライス向けデータウェアハウス「BigQuery」で分散アプリプラットフォーム「Ethereum(イーサリアム)」のブロックチェーンデータの解析を可能にしました。

Googleは今年の2月にも、BigQueryで仮想通貨システムの明晰性の向上のため、そのデータを容易に活用するためのビットコインデータセットの提供を開始していました。

まずはイーサリアムのブロックチェーンをパリティに同期します。
それから、スマートコントラクトを含んでいるデイリーベースの台帳からデータを引き出しBigQueryに取り込んでいきます。この過程ではすべてのデータは「ethereum_blockchain」のデータセットに保存され、毎日更新される仕組みとなっています。

Googleは1日に集計された総Etherの転送および平均取引コストを示すチャートの例を提示した上、「こうした視覚化はイーサリアムアーキテクチャ自体の改善の優先順位付けなどのビジネス決定に役立つ」と期待をしています。「BigQuery」については以下の通りです。

BigQuery は、Google が提供するサーバーレスでスケーラビリティに優れた、低コストのエンタープライズ向けデータ ウェアハウスです。すべてのデータ アナリストの生産性が向上するように設計されています。インフラストラクチャの管理が不要なため、有用な情報を見つけるためのデータ分析に集中することができます。(以下中略)
データセット、クエリ、スプレッドシート、レポートとして組織の内外で分析情報を安全かつ容易に共有できます。BigQuery では、強力なストリーミング取り込み機能を使用してリアルタイムにデータを取得、分析できるため、常に最新の分析情報が得られます。BigQuery は、毎月最大 1 TB のデータ分析と 10 GB の保存データ容量が無料でご利用いただけます。

GOOGLE BIGQUERY より引用

「Google、「イーサリアム」のブロックチェーンデータのBigQeryでの解析を可能に」IT media NEWS
「Google、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンデータセットの提供を開始」COIN POST
「GOOGLE BIGQUERY」