• IT

Google+、来年夏にサービス終了へ

Googleイメージ画像

Google社は、2019年8月をもってGoogleのソーシャルサービスである「Google+」を終了することを公言しました。

サービス終了の理由の一つとして、ユーザー数が少ないことにあります。Googleによると、Google+のユーザーの90%は5秒以内に離脱しており、使用率ともに低いことが明らかになっています。

もう一つの理由としては、2018年3月にGoogle+ APIの不具合によってユーザーの非公開設定にしていた個人データ(氏名、メールアドレス、生年月日)が社外の開発者が閲覧可能になっていた事を挙げています。これによって、約50万人のユーザーが大きな影響を受けたとされています。このAPIを使用したサードパーティーのアプリは438件に上りますが、悪用された証拠は見つかっていません。

なお、企業向けのGoogle+につきましてはAPIの不具合の影響は受けていないため、サービスを続けるとしています。

また、「Google+終了後はGmailはなくならないのか」という心配の声がありましたが、両者はGoogleアカウントの中で提供されている別サービスであるため、Google+が終了してもGmailは存続可能です。ただし、Google+で登録されているプロフィールはYouTubeで用いていることから他サービスにおいては影響が出るとされています。

Google、SNSサービス「Google+」を2019年8月で終了へ